セフレの作り方 普通の女性を3時間でセックスフレンドにする方法

突然ですが、あなたはセフレの作り方とか、
セフレになる女性に対してどういうイメージを持っていますか?

例えば巷でよく言われているのは、看護師や保育園の先生のように女性の比率が高くて、しかもストレスの溜まりやすい職業に就いている女性はセフレに向いている、とかでしょうか。

確かに、日頃からストレスを溜めている子や、出会いの少ない子とはほんの少し話しただけですぐに仲良くなれるので、セフレの作り方としては間違いではありません。

しかし逆に言えば、そういった条件の女性を探して出会わないと実行できない、非常に限定的な方法でもあるんですよね。

つまり、そもそもそういった知り合いがいなかったり、そういう境遇の子と出会える環境が揃っていなかったりすると、上述したセフレの作り方というのは使い物にならないんですよね。

そうではなく、どんな相手にも使えて、しかも効果の高い方法こそ、本当に役に立つ方法だと言えるのではないでしょうか?

そこで今回は、比較的どんな相手にも使えて汎用性の高いセフレの作り方をお教えしようと思います。

注意!セフレを作る前にご一読くださいハピモン 注意

本記事は本当にどこにでもいる身近な女性をセックスフレンドにしたい男性のための記事です。

私自身の体験談を元に内容は精査に精査を重ねてますが、
それでも100%確実にセフレを作れることを保証するものではありません。

私にも、途中まで上手く行ったけれど結局はワンナイトラブで終わってしまった経験や、それなりに長く続いたけれど最終的には女友達に戻せず、二度と連絡が取れなくなってしまった(フレンドではなくなった)女性などがいます。

特に「友達」というところにこだわるのだとすると、セックスをした後でも友達のような気持ちでいられる女性の方がむしろ希少です。

セックスをすれば女性は必ず「オンナ」になります。
言葉に出さずとも意識の奥底では「振り向いてくれたら嬉しいな」という気持ちが芽生えます。

それはつまり最後には祝福か破局かどちらかの結末を選ばなければならないということです。よく肝に銘じておいてください。

本当に言うまでもないことですが、性行為には妊娠や性感染症などの可能性があります。仮にあなたがセフレとそういうことになってしまった時、しっかりと責任を取れる男でいてあげてください。

セフレの作り方① 行動編

セフレ

さて、ちょっと固いことを言いましたが、それでも男性としての欲求には素直に従うべきですよね!おっぱい揉みたい!(゚∀゚)

実際にセフレを作る時は、次のような手順を踏みましょう。

・セフレになってくれそうな女性を探す
・女性にアプローチをかける
・女性と2人きりで行動する
・女性をラブホテルに誘う
・セックスフレンドとしての関係を続ける


セフレになってくれそうな女性を探す

セフレの作り方の第一として、やはりセフレになってくれる女性と出会わなければなりません。
私がセフレにしやすいと思う相手は、大抵次のような感じですね。

過去に別れた彼女(元カノ)
メールやLINEのやり取りができるぐらいの知人、友人
インターネットを通じて知り合った女性
その他、出会いの場で知り合った女性

改めてラインナップしてみると、まぁ大抵の女性が私にとってはセフレ候補です。

このように職業やこれまでの恋愛経験とかは全く気にせず、単純に自分と仲が良い女性なら比較的簡単にセフレにできます。

ですので、もしもこれからあなたがセフレを作ろうと思っているのなら、こういった子を身近に作ることがセフレの作り方の第一歩ですよ。

※これらの女性とどこで出会うのかについては後述します。

女性にアプローチをかけるセフレの作り方、2つ目は相手と仲良くなることです。

この時、相手との現在の距離感によって攻め方が大分違ってくるのですが、私が実践しているセフレの作り方は大体次のような括りで考えています。

元カノのように、過去に肉体関係を持ったことがある相手元カノ
※出典:惜しいことした!男性が元カノに会って「別れを後悔した」瞬間4選 – Googirl

元カノは条件さえ揃えば簡単にセフレなってくれるので、セフレの作り方としてはお手本のような存在なのですが、逆に言えば一度別れた相手なので確執が生じやすい相手でもあります。

例えば、仲が良いからといって調子に乗って毎日メールやLINEを繰り返していたら、さすがに「ウザい」と思われてしまうことでしょう。

だって、もう別れた相手ですからね。
恋人同士であった男女が別れる時には必ず理由がある訳で、それは大抵の場合埋めることはできません。

ですので、例えば数ヶ月に1回連絡をするぐらいの感覚でアプローチを続けるのが、元カノを相手にする時はちょうど良いです。

ちなみに私は半年に1回ぐらいの頻度で、「元気ー?最近暑い(寒い)ねー」のようなメールを送って、彼女の様子を伺っていました。そうして相手からメールの返事が来れば脈アリと判断しますし、返事が来なければまた半年後・・・といった感じでローテーションしていました。

このように気長に続けることも、セフレの作り方のコツです。

友人、知人のように、中途半端な距離感の相手異性の友人

ここは場合によっては攻めづらいラインでもありますね。

どれだけ相手との信頼度が築けているかでセフレへの誘導のしやすさが違うのですが、私がここを攻める時は「あわよくばセフレ」という考え方で接しています。

なるべく相手を怒らせないように、「今なら冗談だと思って聞き流してあげてもいいよ?」と相手に思ってもらえるように慎重に外堀を埋めていきます。

相手と知り合った時から自分のことを「真面目だけど軽いやつ」みたいなキャラで印象づけてあるのであれば、友人や知人をセフレにするのはそう難しくはありません。

ただし、あまり積極的に攻めこむと最悪の場合その相手と繋がっている人全てとの人間関係が崩れてしまうため、セフレの作り方に不慣れな内は止めておく方が懸命かもしれません。

私は以前一度、同じ職場で年上の独身女性にそれをやったのですが、カラオケでベロチュー&手マンからのラブホテルでセックスまでは行ったのですが、ベッドの中でいちゃついてる時に「実は彼女いるんだ」と言ったら引っ叩かれました。会社に告げ口などはされませんでしたが、今思えば危ない橋を渡っていましたね(笑)

その他出会い系で知り合った相手など

インターネットや出会い系サイト/アプリ、マッチングサービスなどで知り合った相手は元カノと同じぐらいセフレにしやすく、また友人や知人を相手にする時のような遠慮もいらないので、とても楽です。

こういう相手をセフレにするには、最初から「あなたに好意を持ってますよ」ということをさり気なく伝えていきます。

例えば、「もし良ければ、近いうちにご飯に誘って良いかな?」のような、本当にさり気ないセリフ回しがそれですね。

セフレの作り方の全般を通して言えるのですが、あくまでも紳士的に受け答えをするというのがとても重要になります。

逆にそれさえ完璧なら、非常にセフレにしやすいのがこの層なので、ここは必ず押さえておきましょう。

私個人の実績や体験談としてはインターネットを通じた出会いが最も数が多いです。特に出会い系は10年続けているだけあって、女子大学生から人妻まで幅広く出会い、そしてセックスさせてもらいました。

それについては「管理人の出会い系体験談」に綴ってますので、もし興味があれば覗いてみてください。

恋人のように接するのが上手なセフレの作り方なお、セフレになってくれそうな女性を探す時、バカ正直に「僕とセフレになってください!」などと言うのは間違ったセフレの作り方です。

というか、どんな場合においても最初から最後までセックスの匂いを感じさせてはいけません。

元カノだろうが友達だろうが、20歳の女子大生だろうが40歳の人妻だろうが、相手に心を許した結果として服を脱ぐのであって、セックスありきで出会いを求める男とはそもそもの感覚が違うのです。

友達や恋人を探す時のように丁寧に接することが、上手なセフレの作り方ですよ。

女性をデートに誘うHUB蒲田西口店
※いつでもデートに誘えるように、雰囲気の良いお店のリサーチは常に行いましょう!

ターゲットの子とある程度親しい関係になれたのなら、次は二人きりで行動する時間や機会を設けましょう。

これは相手との信頼関係ができていれば簡単で、「今度一緒にご飯食べに行こう(お酒飲みに行こう)」のように誘い出せばOKです。

この時、誘い出す時間帯は昼間ではなく、日の落ちる夕方から夜にかけての時間帯を選ぶようにしましょう。

具体的に言うなら18時~18時半からデート開始が望ましいです。

これは人間の体の仕組みにも直結する話なのですが、人間って太陽の光の下では本能よりも理性の方が強く表に出てくる傾向にあるんです。

逆に日が落ちて夜になると、生物としての本能が前面に出てくるのですね。

「夜は大人の時間」とよく言いますが、実はこれは理に適った話なんです。

ですので、相手も自分も感情的になりやすい夕方から夜の時間帯を選ぶのは、セフレを作る上ではもはや必然と言えるでしょう。

相手の三大欲求をコントロールしよう!この時、遊園地などのように人混みの多いところに出かけるよりは、シンプルに2人で食事やお酒に誘った方が、セフレの作り方としては正解に近いです。

というのも、人間の三大欲求は「食欲」「睡眠欲」「性欲」ですが、この内食欲と睡眠欲は性欲よりも強い傾向にあります。

ですので、例えば遊びに体力を使い過ぎてしまうとお腹が空きますし、相手も疲れで眠くなってしまうため「疲れたからまた今度ね(笑)」と、肝心なところで躱されてしまう可能性があるのです。

逆に食事やお酒だけなら食欲を満足させることができ、さらにそこまで疲れるようなこともしないので睡眠欲も低いままに抑えることができます。

食欲も睡眠欲も満足しているなら、残る欲求は性欲だけ。どうですか?簡単な話ですよね。

女性をラブホテルに誘う秒速ラブホ

デートまで終わったら、いよいよ女性をラブホテルに誘いましょう。

ラブホテルに誘うタイミングとしてはもちろん、二人きりのデートを一通り楽しい時間を過ごした後です。

私の場合ですが、例えば18時ぐらいから2人でお酒を飲んでいたとしたら、20時ぐらいに一軒目のお店を出て「ラブホテルに行きたい」とストレートに伝えてしまいます。

こう言うと大抵の相手はびっくりしたような顔をするのですが、この誘い方で失敗するのは10人に1~2人ぐらいですね。滅多に失敗しない良い方法です。

後はそのままラブホテルで男と女の関係になるだけ。デート開始からたった3時間で、目の前の女性がセフレになるかどうかのサイコロが振れる訳です。

女性をスマートにラブホテルに誘うテクニックについては、こちらの記事を参考にすると良いかもしれません。

セックスフレンドとしての関係を続ける

一度でもセックスをして既成事実を作ってしまえば、後はそのままなし崩し的に「一緒に遊ぶ→セックスする」という関係を作ってしまいましょう。

そのためにも最初が肝心で、相手の女性と初めてラブホテルでエッチをした後に、相手の顔を見ながら「また誘って良い?」のように言質を取っておきましょう。

すると大抵の女性が「・・・良いけど、エッチだけじゃ嫌だよ?」のような反応を返してくれます。

仮にそう言わなかったとしても、女性は自分の体だけが目的とされるのをとても嫌がります。心から自分のことを大切にしてくれる人を、女性というのは常に求めているんです。

ですので、ここではあえて「エッチ無しでも良いよ、また遊ぼう」のように言って、体目的ではないとアピールしましょう。

そうするだけで、相手の女性は自然とあなたに心と体を許してくれるようになるはずです。

セフレの作り方② 心理編

女性 心理

具体的なセフレの作り方はイメージできましたか?

ここからはいわゆる座学というやつで、男性とは全く違う性意識を持っているはずの女性が、なぜ男性的な性関係である「セックスフレンド」を許容してしまうのかについて理解を深めておきましょう。

心理面まで含めて押さえておけば、きっとあなたも百戦錬磨のモテモテ男になりますよ!

なぜ普通の女性がセックスフレンドという関係を許してしまうのか?

そもそも、女性と男性ではセックスに対する意識が全く違います。

男性は少しでも多く自分の子種を残すため、より多くの女性とセックスをしたがります。

女性は優秀な子を産むため、セックスの相手を見極め厳選します。

このように男性は多くを求めるのに対して、女性は数多くの中から限られた相手としかセックスしようとしません。

つまり、女性がセックスフレンドという関係を受け入れる時、それは「本音を言えばあなたの子を産んでも良いと思っている」時なんです。

それだけあなたに対して好意を抱いている時、簡単に言えばあなたのことを好きだと思った時、女性は報われないと知りつつもセフレとして付き合ってしまうんです。

まあ、一部例外はあります。例えばメンヘラのような子は、単純にセックスに依存してしまっている可能性が高いです。

そういう子は本当に誰とでもセックスするので性病になる危険性も高く、セフレとして付き合うにはちょっと向いていません。ご注意ください。

女性はいつだって「世界で一番お姫様」お姫様

これは私が実体験の中で本当に感じたことですが、若い子でもおばさんでも、女性はいつだって男性に大切にされたい生き物なんだなってことです。

あなたが本当に女性をセフレにしたいのであれば、セフレを作ろうと思って行動するのではなく、相手のことを恋人と同じぐらいに本当に好きになってあげることが最も上手で効果的なセフレの作り方と言えます。

私は過去に20代の女子大生から30~40代の人妻まで幅広くセフレにしていましたが、その子たちはそれぞれ言葉こそ違えど「こんなに大事にしてくれるなら、このままの関係でも良い」というようなことを私に言ってくれていました。

このように世間一般的に語られる男性優位のセフレの作り方ではなく、あえて女性優位のセフレの作り方を展開することで、相手の方から「セフレでも構わない」と思わせることができるのです。

相手に惚れさせて股を開かせる、これこそが真のセフレの作り方ですよ。

もし今あなたに付き合っている女性がいるのなら、デートとかの待ち合わせの時に軽い感じで「お迎えにあがりました、お姫様♪」などと話しかけてみると良いです。最初は「えー、何それ?おかしいよ?(笑)」みたいに流されるでしょうが、「ん、ダメだった?(笑)」と念押ししてみましょう。

それまでのあなた方の雰囲気や関係にも左右されますが、大抵は「悪くないかも。ていうかちょっと嬉しい♪」のような好反応が返ってくるでしょう。

恋人にはもちろん、女友達にも喜ばれるテクニックなので、一つ覚えてみてください。

セフレの作り方③ 出会い方、おすすめはどこ?

以下は相模ゴム工業が2013年に行った日本の性生活についてのアンケートの1つで、「セックスフレンド、浮気相手とどこで出会いましたか?」という質問に対する回答のグラフです。

セフレ 出会い
※引用:ニッポンのセックス|恋愛対象、セックスパートナー、浮気etc – 相模ゴム工業

それぞれ内訳が次のような感じになっているのですが、実際問題、現実にセフレを作るとしたらどのような場所で出会うのが理想なのか、少し考察してみたいと思います。

場所 割合
同じ学校/会社 31.7%
友人/元カノ 13.9%
友人の紹介/合コン 21.2%
クラブや飲み屋などのナンパスポット 14.1%
SNS/出会い系/マッチングアプリ 12.7%
その他 6.4%

出会い方① 同じ学校/会社おすすめ度:30点生活圏を共にする仲間や同僚とセフレになるパターンですね。

私も一度社内の女性に手を出したことがあるので、気が合いさえすればセックスまで簡単に持ち込めるというのには同意です。

懸念があるとすると、やはりそこは生活圏の一部ですので破局の仕方によっては面倒なことになりかねません。

例えばセフレにしていた彼女が「◯◯(あなたの名前)に酷いフラれ方をされた」などと吹聴すれば、あなたを見る周囲の目は一気に白くなるのは分かりますよね?

それでもあなたが学生なら卒業までの数年間を辛抱すれば良いだけですし、アルバイト・フリーターであればバイト先を変えれば何とかなります。

しかし正社員として働いている社会人の場合、一つしくじればその先ずっと針のむしろの中で過ごさなければならないため、思っていたよりもリスクが高かったりします。

出会い方② 友人/元カノおすすめ度:60点

友人や元カノをセフレにするのは良いですね。おすすめ度も高いです。

どちらの場合でも気心が知れてますし、余計な気遣いをせずにカジュアルなセックスが楽しめると思います。

ただ、お互いにセフレを続ければ最後は確実に関係は消滅してしまうため、その覚悟だけは必要です。

それと共通の友人がいる場合は、出会い方①と同じ針のむしろに立たされる可能性がありますのでそれもご注意ください。

出会い方③ 友人の紹介/合コンおすすめ度:45点

これはあなたが付き合っているご友人の性格にもよるんですが、基本的には「出会いやすいけれど下手すれば友人関係クラッシャーになり得る」という点では②と同じです。

また、紹介や合コンをセッティングしてくれる友達がいない場合はこのパターンは使えないため、自分も他人も人を選ぶ手段ですね。

出会い方④ クラブや飲み屋などのナンパスポットおすすめ度:50点

クラブやバーのような暗くてお酒の入るナンパスポットでは、女性の側も開放的なため非常に行動しやすいです。

セフレにまでなってくれる女性はさすがに多くはないでしょうが、単純に一夜限りの関係だけなら「行けば必ずお持ち帰り」みたいなこともできると思います。

しかし、こういった場でそういった雰囲気に流されるような女性は、あなた以外にも複数の男性に抱かれていることでしょう。

そうなると怖いのは性病で、ぶっちゃけて偏差値が低いほど性病経験率は高い傾向にありますので、もしここを攻めるなら地雷を踏む覚悟で挑んでください。

出会い方⑤ SNS/出会い系/マッチングアプリおすすめ度:80点

普通の女性をセフレにするという目的を最も達成しやすいのが、インターネットやスマホアプリを使った出会いです。
僕はこのインターネットで会う、いわゆるネットナンパで
セフレは量産しています。

この方法の良いところは、まず全く見ず知らずの相手と出会えるため周りの友人知人関係を全く気にしなくて良い点、そして20代から40代まで本当に幅広い年齢層の女性と出会い、セックスができる点です。

成功率はナンパスポットとかに比べれば落ちますが、その分リアルでは絶対に会うことができなかった相手と出会うことができるため、何というかスマホゲームのガチャ的な楽しみがあります(笑)

ちなみに私がよく使うのは「YYC」や「ワクワクメール」それと「Jメール」ですね。

女性の登録数でいえばワクワクメールが一押しなのですが、個人的には最近ではYYCとJメールの方が調子が良いですね。まあこの辺は波がありますので、あくまで参考までに。

女性の心に影が差したらセフレ関係は終わりにしようガチメンヘラ
※女性の幸せを考えるのなら、セフレ関係は程々に……。

最後に、これからセフレを作ろうとしているあなたに、僕からのお願いです。

上手く女性とセックスフレンドになれたとしても、その関係がそう長く続かないのは想像に難くないと思います。

所詮はセフレというのは男女の歪んだ関係でしかないのです。

そしてその歪んだ関係は、大抵の場合は女性の心離れが原因で終わりを迎えます。

ですので、もし終局が見え始めたら、けして長引かせずに白黒はっきりした態度を取ってあげましょう。

それがセフレを作ろうとする男の責務だと、私は思います。( ー`дー´)キリッ

管理人も10年以上使っている、おすすめの大手優良出会いアプリ紹介

以下は管理人である私自身が実際に使用しているおすすめの大手優良サイト・アプリです。

しかも、初回登録の方には年齢認証後にサービスポイントを付与してくれるので、運が良ければ無料で女の子と出会えてしまったりするかもしれません!

ぜひ登録していなければ無料でも会えてるのでチェックしてみてください。

ワクワクメール
ワクワクメール
登録料金 男女共に無料
料金制度 ポイント制(前払い)
連絡先交換 可能、文字化けなし
サポート体制 電話、メール(24時間)
迷惑メールなど なし、快適
専用スマホアプリ iPhone
出会える度 ★★★★★(最高)

シンプルながらも機能面では充実しており、またユーザーは比較的若い層が多いです。

伝言板と呼ばれる無料でメッセージを送れる機能もあるため、初心者の方が手始めに登録してみるにはもってこいかもしれませんね。

登録ログインはこちら
>> ワクワクメール登録(初回登録サービスポイント付き)

この記事を書いた人:しゃち
しゃちの詳細プロフィールはこちら

しゃちの書籍を読んでみる



僕は18歳まで童貞でしたが、
19歳〜24歳の間の5年間で
300人以上の女性を抱ける事に成功しました。




僕の写真を見た方ならわかると思いますが、
肌は凸凹で汚く、顔面偏差値も中の下です。
身長も165㎝と高くないです。



それでもここまでモテるようになり、
自分に自信がつき、充実した人生を送っています。



なんか超怪しい話ですよね。笑
でも現実にもこんな人が普通にいます。



でも一つ確信して言えることがあります。




どんなにブサイクで、
コミ力がなくても、
すこしだけ恋愛の本質や
ネットナンパを学んだだけで一気に
人生が楽しく、そして鮮やかになりました。




その恋愛やナンパを生ぶ過程で
人としてのあり方や
コミニケーションの本質、
女を落とす戦略方法、
人の動かし方など、



学校では学べないことも知ることができました。

その経験から、生まれた環境は変えられないが、
学んで、正しく勉強すれば
どんな男でもモテることができると確信しています。


そして「恋愛」や「ナンパ」を学ぶって
すこしおかしいかもしれません。



しかし学ばなければ生欲がいつか爆発し、
最悪性犯罪を犯しかねない現代だし、
将来幸せな結婚生活も厳しいと思います。


だからこうして「学ぶ」という姿勢を大事にする人が
一人でも増えれば一人一人に活気が溢れ、
世の中もっと幸せになると
本気で思っています。


そういった理念から、
僕がどのように恋愛やナンパに取り組み、
ゼロからここまでの経験人数も増やして
いったのか一つの書籍にまとめています。



僕が5年間で300人以上の女性を抱いた
たった二つの理由

です。
もし興味があれば読んでみてください。


魅力的な男になる一歩を踏み出す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です