出会い系で出会った女の子をどうやってラブホテルに誘えば良いですか?に答えます

初めて会った当日に押し切ってしまうのが一番簡単な誘い方

ラブホテル 誘い方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出会い系ビギナーの方は、
即会い即ヤリ、出会ったその日にラブホテルなんて都市伝説だと思っているかもしれません。

まぁ女の子の側からすれば即会い即ヤリなんて求めていないので、その認識はある意味正しいのですが、実際は出会った当日にラブホテルまで付いてきてしまう女の子というのが殆どなのです。

女の子は感情的な生き物なので彼氏がいようが旦那がいようが、
その日の感情次第ではホテルに行ってしまう。

事実、私はサイトで出会った女の子の8割ぐらいを、
初めて出会ったその日のうちにラブホテルへ誘って、そのままセックスまで持ち込んでいます。

とゆうか、最初あった日じゃないと遊び目的でホテルに連れ出すのは難しいです。
女の子も大半が遊び目的が多いのに、その日にホテルまで連れ出せないと
2回目3回目会うのは女の子では気まずくなるそうです。

良いなと思ってしまった相手とセックスしたいのは、男でも女でも変わらないんですね。

私流の女の子のラブホテルへの誘い方

では実際のラブホテルへの誘い方ですが、私の場合はまずご飯かお酒に誘うところから始まります。

僕は普通に「じゃー18時頃ご飯はどう?笑」とか言います。
ここでポイントはので「飲みに行こうよ」とか誘ってる時は
女は「飲ませてホテルに連れ出すんだなぁ」と感じてしまうので反応が悪かったりします。

だから僕はあえて「ご飯行こうよ」というのですが、18時頃の待ち合わせなら必ずお酒が出るところに誘導します。あとほとんどの飲食店は18時にでもなればお酒は出ているので偶然性を装えます。

18時ぐらいから待ち合わせをしておけば、
食事中に話が盛り上がったとしても20時には1件目のお店を出ることになるでしょう。

ここで私はいつも勝負をかけます。

まぁ勝負と言っても、誘い方は至ってシンプルで「もし嫌ならごめんなんだけど、ラブホテルに行きたいな」と言ってしまいます。

すると大抵の女の子はちょっと困ったような、でも怒るに怒れないような、そういう微妙な反応をしてきます。

それまで仲良くしゃべってた相手だから悪い風にはしたくない、それにいきなりラブホテルに誘われるとは思ってなかった、そういう風に一種の軽いパニック状態になってしまうのですね。

こうなったら9割方、その女の子とはラブホテルに入れるでしょう。

もちろん中には「行かないよー?行かない!(笑)」のように反応してきた子もいますが、じゃあカラオケで我慢すると言ってさり気なく手を繋いで、そのままラブホテルにINしてしまいました。

もちろん途中で「これどこ向かってるの~?(笑)」のように聞いてくるのですが、そこはもうお酒が入ってるからよくわからないなどと適当に交わしつつ、グイグイと押して行きましょう。

ここまで来れば、お互い頭の中ではラブホテルだと分かっていてのやり取りですので、ここでラブホテルだと馬鹿正直に答える必要はありません。

ラブホテルに誘うのに失敗した場合

ただし、本当に相手がラブホテルに行くのを嫌がっている様子でしたら、その時は素直に謝って諦めましょう。

そして、できれば次もまたデートをしたいという気持ちをストレートに伝えて、女の子を駅まで送って行きます。

もちろん駅で別れた後は、すぐに「今日は楽しかった、さっきは本当にごめんなさい」のようにフォローの連絡を入れましょう。

この時、相手が本気で怒っていないのであれば、「びっくりしたよ、ちゃんと付き合ってからじゃないと、ラブホテルとか嫌だからね?」などと助け舟の一つも出してくれるでしょう。

このように、押す時は徹底的に押す、引く時は徹底的に引くのが女の子を上手くラブホテルに誘うコツです。

しゃちの書籍を読んでみる



僕は18歳まで童貞でしたが、
19歳〜24歳の間の5年間で
300人以上の女性を抱ける事に成功しました。




僕の写真を見た方ならわかると思いますが、
肌は凸凹で汚く、顔面偏差値も中の下です。
身長も165㎝と高くないです。



それでもここまでモテるようになり、
自分に自信がつき、充実した人生を送っています。



なんか超怪しい話ですよね。笑
でも現実にもこんな人が普通にいます。



でも一つ確信して言えることがあります。




どんなにブサイクで、
コミ力がなくても、
すこしだけ恋愛の本質や
ネットナンパを学んだだけで一気に
人生が楽しく、そして鮮やかになりました。




その恋愛やナンパを生ぶ過程で
人としてのあり方や
コミニケーションの本質、
女を落とす戦略方法、
人の動かし方など、



学校では学べないことも知ることができました。

その経験から、生まれた環境は変えられないが、
学んで、正しく勉強すれば
どんな男でもモテることができると確信しています。


そして「恋愛」や「ナンパ」を学ぶって
すこしおかしいかもしれません。



しかし学ばなければ生欲がいつか爆発し、
最悪性犯罪を犯しかねない現代だし、
将来幸せな結婚生活も厳しいと思います。


だからこうして「学ぶ」という姿勢を大事にする人が
一人でも増えれば一人一人に活気が溢れ、
世の中もっと幸せになると
本気で思っています。


そういった理念から、
僕がどのように恋愛やナンパに取り組み、
ゼロからここまでの経験人数も増やして
いったのか一つの書籍にまとめています。



僕が5年間で300人以上の女性を抱いた
たった二つの理由

です。
もし興味があれば読んでみてください。


魅力的な男になる一歩を踏み出す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です