会話のネタを豊富に持っておくことがモテる秘訣であるという勘違い

どうもしゃちです。

昔の僕は会話のネタを豊富に持ってる奴がコミニケーションも高くてブサイクでもモテてる奴なんだなぁと思っていました。

でも恋愛工学や心理学、恋愛分野について様々な事を勉強してきた上でモテてる奴でもあまり会話のネタはなかった事に気がつきました。

そこで今回は

会話のネタを豊富に持っておくことがモテる秘訣であるという勘いについて話していこうと思います。
ほとんどの方は間違った習慣であると思っています。

会話で仲良くなれない人の共通点


あなたが女性と話をする時どんな話をするでしょうか? 家族構成を聞いたり、住んでいる場所を聞いたり、仕事はどんなことをしているのか聞い たり、年がいくつなのか聞いたり。

まず、初対面ではこんな会話をして相手の情報を知ろうとするのではないでしょうか。

そして、段々と慣れてきたら、次は相手の趣味の話を聞いてみたり、最近、どこで遊んで いるのか聞いてみたり。向こうが興味のあることを質問するというのは まさしく「会話の王道」です。これである程度好感度を積み重ねていくことは大切です。


しかし、ここであるポイントをわかっているか、わかっていないか。 ここが本当の意味で会話で仲良くなれるか仲良くなれないかの分かれ道となるのです

当たり障りのない会話。これ重要です。世間話や天候の話などがそうですね。世間話や天候の話題から入っていくと初対面の人はすごく話しやすいです。 しかし、これは「会話の奥義」ではないのです。世間話や時事の話、ウンチクや 相手の趣味の話は深く仲良くなるための布石としてのものなのです。


しかし話題を合わせるということがモテる秘訣だと思うと、最初のきっかけはうまくいったとしても、そこから何か発展しないな~となるわけです。

あなたにもそういう経験ありますか?いくら流暢に会話ができようが、笑顔で話そうが所詮は当たり障りのない会話に過ぎないのです。

例えばあなたの趣味がスキューバダイビングで、合コンで同じくダイビングを趣味としている女性に運良く出会えたとします。

よく潜るのはどこか?どこの海がきれいか?なぜダイビングにハマっているのか?

こういう話題は同じ趣味を持つ者どうしならたしかに盛り上がりやすいでしょう。しかし、はたして初対面の女性が共通の趣味を口実にあなたのデートの誘いに応じるでしょうか?

page26image79237584

「今度一緒に潜ろうよ」、「ダイビングショップに買い物いくから付き合ってよ」

と誘ったところで、「え?初対面だし、なんで私となの?」となることが多いのです。

色々な分野について知識を豊富にもっている人がいます。各地方のことだったり、ファッションのことだったり、映画のことだったり、音楽のことだったり、テレビ番組のことだったり、ボードやサーフィンのスポットやおいしいお店の情報だったり、雰囲気のいいバーの情報だったり。

本当に色々な分野の知識を広く浅くもっている人がいます。こういう人はすぐあなたに対して好感をもってくれます。 なぜならば「自分の話したいことを話させることに長けている」からです

だから、モテるためには色々な知識を身につけておけ。これが今までモテるための会話とされてきました。より多くの知識を身につける。これはとても大事なことです。

しかし、多くの知識を身につけることがモテる会話である。これははっきりいって「間違い」です。そして、多くの知識や雑学を仕入れることがモテる秘訣だと考える確実に心を掴めないのです。
僕はモテる知識やテクニックを身につければ身につけるほどモテると思っていましたがそれと同じです。

多くの知識や雑学や情報を身につけることがモテる秘訣であるという思考をもっている人はモテません。もうこれは断言です。それは多くの知識や情報や雑学で勝負しようとする人は相手の心を見ようとする意識が薄い証拠だからなのです。
本質を見ましょうって事です。

知識や雑学や情報をたくさん持っている人がモテる秘訣と考える人は女性といかに接点を持って嫌われずに話せるかに重きを置いているのです。どうすれば、女性の話したいことで盛り上がるかここに重きを置いているからだめなのです。

「へ?なんでだめなの?」

と思われるかもしれませんがこう思っている以上は 仲はいいけどなんか距離があるなーとかご飯誘っても断られそうな気がするなーとか思うのです。そして、その予感は「的中」してます。

モテない、結果を残せない人というのはどうしたら、彼女が話したいことを話させるかが重要と考えています。

「どうしたら、彼女が話したいことを話させるか」ここをゴールにしてはいけないのです。

つまり「モテる男は話題が豊富である」・・・・これはある程度正しい考え方です。

しかし
「話題が豊富な男はモテる」・・・・これは完全にウソなのです。

だからと言って話題が全くない人は個人的には嫌いなので話題をたくさん作って行く姿勢というのは崩さないでくださいねψ(`∇´)ψ

しゃちの書籍を読んでみる



僕は18歳まで童貞でしたが、
19歳〜24歳の間の5年間で
300人以上の女性を抱ける事に成功しました。




僕の写真を見た方ならわかると思いますが、
肌は凸凹で汚く、顔面偏差値も中の下です。
身長も165㎝と高くないです。



それでもここまでモテるようになり、
自分に自信がつき、充実した人生を送っています。



なんか超怪しい話ですよね。笑
でも現実にもこんな人が普通にいます。



でも一つ確信して言えることがあります。




どんなにブサイクで、
コミ力がなくても、
すこしだけ恋愛の本質や
ネットナンパを学んだだけで一気に
人生が楽しく、そして鮮やかになりました。




その恋愛やナンパを生ぶ過程で
人としてのあり方や
コミニケーションの本質、
女を落とす戦略方法、
人の動かし方など、



学校では学べないことも知ることができました。

その経験から、生まれた環境は変えられないが、
学んで、正しく勉強すれば
どんな男でもモテることができると確信しています。


そして「恋愛」や「ナンパ」を学ぶって
すこしおかしいかもしれません。



しかし学ばなければ生欲がいつか爆発し、
最悪性犯罪を犯しかねない現代だし、
将来幸せな結婚生活も厳しいと思います。


だからこうして「学ぶ」という姿勢を大事にする人が
一人でも増えれば一人一人に活気が溢れ、
世の中もっと幸せになると
本気で思っています。


そういった理念から、
僕がどのように恋愛やナンパに取り組み、
ゼロからここまでの経験人数も増やして
いったのか一つの書籍にまとめています。



僕が5年間で300人以上の女性を抱いた
たった二つの理由

です。
もし興味があれば読んでみてください。


魅力的な男になる一歩を踏み出す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です