これからも風俗や抜き屋に行くかもしれないという方へズバッと言います

どーも。しゃちでーす。

今回の記事のタイトルで結構ドキッとした方もいると思います。笑

ちょっとこの記事では僕の本音をぶつけてみたいと思うので、少し不快に感じる方もいるかもしれないですが、それはご了承ください。

ズバリ風俗や抜き屋に通ってる男は僕から言わせてみれば正直キモいです。
ましてやハマっていて月に数回も通ってる男はほんとキモすぎるなぁと思ってます。

まぁ100歩譲って若い時はまぁいいでしょう。
でも行きすぎは良くない。

だってお金を払ってでしか女の子と性行為やイチャイチャしかできない男ってダサくないですか?

ぶっちゃけしゃちは風俗行ったことないの?って思う方も出てきたと思うけど正直あります。

まぁたしかに風俗は手軽に気持ちよくなれるし天国の世界と思うような方もいると思います。

昔の僕も一時期
風俗に通いまくってた時期もあります。

僕が経験した体験談だからこそ言いますけど行きまくってた時期の僕は正直鬱になりました。。

というのもまず金の飛び方が半端ない。。
僕の行ってたところは1万5000〜1万8000円ぐらいだったでしょうか?

それとなんか学校の女の子やバイト先の女の子、自分の身の回りの女の子と目を合わすことすらできなくなっていて女の子とのコミニケーションがどんどんとれなくなっていったんですよ。。

思い返したら俺の時間と特に学生時代は金もないのになにやってんだ俺は。。っていうね。。

その当時はもう友達からもななにかと気持ち悪いオーラが出てたみたいです。。

それで僕はいろいろ考え出して鬱になったって感じです。

風俗に行きまくってですよ?笑

いろいろ考えた結果
僕が行き着いた考えは

風俗に通うほどモテなくなる
風俗に通うほど気持ちわるいオーラが出る
風俗に通うほど金と時間がなくなる
風俗に通うほど男ではなくサルになっていく

もうデメリットしか出てこなかったんですよ。

というか風俗に行っちゃう人ってモテない人が行くところなんですよね。
風俗に限らずキャバクラやお金を対価として女性が男性に奉仕の精神で尽くしてくれる場所って基本的にモテないやつ、

いや、モテようと頑張っていない奴がそこに逃げて行く場所だって思ってるんですよ。

僕はこの考えは大学生の時に知りました。

それからは月に3〜4回行っていた風俗や抜き屋の店は1〜2回に減りました。

って『1.2回いってるんかーーい笑』
って思ったと思うけどその時はまだ若かったので言い訳させてください。

でも今の年になっては風俗にほとんど行ってないですね。

自分の記憶の中では3〜4年は行ってないんじゃないかなーと。

というかもう僕は風俗はベロンベロンに酔っ払わない限り行かないと思いますね。

だってあんなヤル前提で初対面で出会って5分もたたないうちにお互い全裸になってシャワーとか浴びるじゃないですか?

もう相手女性の心を思うと正直萎えます。

風俗で働いてる人ってほとんどの人が家庭のお金の問題だったり、自分の夢のためにお金を稼いだりして頑張っている子が実はほとんどなんですよ。

もうここまで風俗に行くとデメリットしかない事について語っていきましたが考えたんじゃないかなぁーと思います。

ここから重要な事を話しますね。
僕は風俗にあまり行かなくなった時期からお金と時間がどんどん余ってきました。

そのお金と時間を将来僕自身が風俗に行かない男になるように次のことに使いました。

余ったお金で本をたくさん買って知識をつける
余った時間で読書をする
風俗にいかなくなって浮いたお金を街コンやクラブ、出会いを増やすためにマッチングアプリ、出会い系サイトに使う
女の子との飲み会を死ぬ物狂いでセッティングする

こんなことをしてくるうちに
もう風俗ってなんだっけ?笑
みたいなところまできました。

もうその頃の僕は自分でもビックリするぐらい社交的になっていったし、陰キャラだった僕が
『以外にパリピやなぁ〜笑』なんてことも増えてきました。

その好循環で話のネタとかもたくさん増えるので自然といろんなことを友人に話したくなってたんですよね。

以前の僕は風俗に行ったところでなんのネタにもなりません。
たまに風俗の話で盛り上がる人や大人もいるけどしょっぱすぎます。

しかも風俗はお金と時間が奪われるどころか自分の男力や活力も奪われるもんだとおもってるので。
時間なんてたとえば風俗とかなら相場45分とか50分ですよね?
僕が待ち時間でひどかった時は1時間以上も待たされたことがあってあの陰キャラの僕でさえ店員をボコろうかと思ったこともあります。

んで僕の実家から風俗店まで片道50分ほどだったのでプレイ時間や移動距離も含めたら約3時間ちょっとも意味のないへんな時間に使ってたんやなーって思うとほんとに今でも後悔あります。

その同じ時間の頃
僕の同級生のイケイケモテ男達は女の子とたくさん飲み会をひらいたり宅飲みで4Pまでやっちゃった。なんて話を聞いた時はほんと鬱になりましたね。笑

でもそうゆうことをしているイケイケモテ男達はどんどん女性とのコミニケーション力が培われたり面白くなっていくからどんどんモテていくんですよね。

この時はほんと恋愛も拡散社会でモテる奴はどんどんモテるしモテない奴はどんどんモテなくなっていってお金が吸われつづけ、どんどん気持ち悪くなっていくんだと思いました。

なんならもっと自分の時間とお金を大切にしてたくさんネタを作っていったら人生面白くなるし魅力的な男になっていくんだと僕のこれまでの経験を通して間違いなく確信しています。

まずは今まで行っていた風俗(約1万5千円)のお金と時間を自分なりにどう使ったら成長できるか考えてみましょう!

それを考えようとしただけでも真のモテロードは始まりますよ。

ではコメント待ってます!
ではでは。

しゃちの書籍を読んでみる



僕は18歳まで童貞でしたが、
19歳〜24歳の間の5年間で
300人以上の女性を抱ける事に成功しました。




僕の写真を見た方ならわかると思いますが、
肌は凸凹で汚く、顔面偏差値も中の下です。
身長も165㎝と高くないです。



それでもここまでモテるようになり、
自分に自信がつき、充実した人生を送っています。



なんか超怪しい話ですよね。笑
でも現実にもこんな人が普通にいます。



でも一つ確信して言えることがあります。




どんなにブサイクで、
コミ力がなくても、
すこしだけ恋愛の本質や
ネットナンパを学んだだけで一気に
人生が楽しく、そして鮮やかになりました。




その恋愛やナンパを生ぶ過程で
人としてのあり方や
コミニケーションの本質、
女を落とす戦略方法、
人の動かし方など、



学校では学べないことも知ることができました。

その経験から、生まれた環境は変えられないが、
学んで、正しく勉強すれば
どんな男でもモテることができると確信しています。


そして「恋愛」や「ナンパ」を学ぶって
すこしおかしいかもしれません。



しかし学ばなければ生欲がいつか爆発し、
最悪性犯罪を犯しかねない現代だし、
将来幸せな結婚生活も厳しいと思います。


だからこうして「学ぶ」という姿勢を大事にする人が
一人でも増えれば一人一人に活気が溢れ、
世の中もっと幸せになると
本気で思っています。


そういった理念から、
僕がどのように恋愛やナンパに取り組み、
ゼロからここまでの経験人数も増やして
いったのか一つの書籍にまとめています。



僕が5年間で300人以上の女性を抱いた
たった二つの理由

です。
もし興味があれば読んでみてください。


魅力的な男になる一歩を踏み出す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です