非モテを救った日を記事にしてみました

どーも、しゃちです。

 

【今俺は何ができるのか】

 

今日の話は
ネトナンだけじゃなく
すべての人間関係に
必要な考え方を話します。

 

これができてないと、
最終的に殺されます。
必ず読んでくださいね。笑

 

僕は純愛君が嫌いです。

 

なぜなら純愛君は
女の子を傷つけるからです。

 

勘違いしまくった優しさで
女の子を地獄の底まで
叩き落してます。

 

本当の優しさとは、

「相手を思いやる気持ち」

 

そして

「今俺は何ができるか」

を考えて行動することです。

 

今日は本当の優しさを
実際の話を使って
説明します。

 

以前、僕の友達から、
こんな相談を受けました。

 

 

「凄く気になる女の子がいて
何度も飲みに行ってます。

先日告白したんですが、
振られました

その後も何度か告白して
全敗しちゃいました…

僕は本当に好きなんです。
どうすればいいですか?」

 

クソしみったれた
恋愛アドバイザーなら

 

もっと彼女のことを知って
自分のことを好きになってもらおう!

 

だとか

彼女の友達に相談しよう!

とか

ほんとしょーもない
アドバイスをするでしょう。

 

 

相手がもう嫌なのに
こんな事されてもどんどん
気持ち悪がられます。。

 

僕も経験あります。

僕はその友達にこういいました。

 

「もっとセックスしろ」
「とにかく経験人数増やせ」
「その子に一途になるな」

 

当然普通の人なら、

 

「僕は優しいんです。」
「誰とでも寝るなんて
そんなひどいことはしません」

っていうでしょう。

でもそれは違う!!

それは優しさじゃない!!

これは一人よがりの
自己陶酔です。

 

その友達とまずクラブに行ったのですが
その友達に女の子を預け、
持ち帰らせました。

 

結果的にその子と
SEXをしたそうです。

すると翌日からその子を
好きになってるんです。。

 

何が言いたいかというと
その友達が好きだった子は、
その子を好きだったのではなく、
ただSEXしたかった。

男はしょせんそんなもんです。

 

女も男はしょせんそんなもんと
わかっています。

 

本当に優しい男は

 

「何度も告白して、
気まずい思いさせてごめんな」

「いつも通りに振る舞うから
気にしないでくれ」

 

と言い

相手がどうやったら
いつも通り過ごせるかを考えて
行動しなきゃいけない

 

本当に優しい男はモテます。

 

 

なぜなら、
モテる男は常に、
「俺がリーダー」であり
「リーダーの俺は今何ができるのか」
を考えていて、
普段の行動に全部出るから。

 

エレベーターの扉を抑えたり
行き先を聞いてあげたり

 

エスカレーターでは
女の人が落ちないように
後ろに立ってあげたり

 

話しやすいように
相槌を適宜うってあげる。

 

 

リーダーとして
その場を支配する。

モテるやつは
全員これができてます。

 

 

女の人も、

「大切にされてるんだな」

「本当はすごくいい人だな」

というのに気づきます。

 

 

服装、清潔感、お金、
会話の楽しさ、髪型
もちろん大切ですが、

本当の優しさを知り
考えて行動しないと
全部意味がありません。

 

 

本当の優しさとは、

「相手を思いやる気持ち」

「今俺に何ができるか」

を考えることだといいました。

 

これができてる人は、
モテますが、

顔がよければ、
できてなくてもモテます。

でもここで落とし穴があります。。

 

最終的に刺されて、
運がよくて大怪我
運が悪ければ死にます。

 

【勘違いS殺人事件】

 

 

なんで刺されるのか?

 

勘違いSキャラで
女の人を振り回し続け
経験人数を増やした結果、

沢山の人から恨みを
買っちゃうからです。

 

そのうちの一人か、
その彼氏かが、
あなたの脇腹をめがけて

 

ドスッ

ってな感じですね。

 

 

裁判になる可能性も
もちろんあります。

 

 

【かんたん洗脳テクニック】

女の人には、

自分で信じたものを真実と
思い込む

という心理があります。

 

 

「俺は優しいんだぜ」
と自分で100万回いうより、

 

女の子自身に、
「この人は自分勝手だと思ってたけど、
本当は優しい人なんだ」
と、思わせられれば、

 

たとえ真実でなくても、
女性はそれを信じます。

 

こっちの都合で
女の子に連絡しても

 

「私のこと考えてくれて
本当にありがとね」

 

的なことを言ってくれます。

 

 

素敵なセフレ化するときに
絶対に必要な要素ですし、

 

刺されないために
必ず意識するべきところです。

 

では今日はこの辺で。

 

 

何度も読んで
ちゃんと行動に移せるよう
日々練習してくださいね。

しゃちの書籍を読んでみる



僕は18歳まで童貞でしたが、
19歳〜24歳の間の5年間で
300人以上の女性を抱ける事に成功しました。




僕の写真を見た方ならわかると思いますが、
肌は凸凹で汚く、顔面偏差値も中の下です。
身長も165㎝と高くないです。



それでもここまでモテるようになり、
自分に自信がつき、充実した人生を送っています。



なんか超怪しい話ですよね。笑
でも現実にもこんな人が普通にいます。



でも一つ確信して言えることがあります。




どんなにブサイクで、
コミ力がなくても、
すこしだけ恋愛の本質や
ネットナンパを学んだだけで一気に
人生が楽しく、そして鮮やかになりました。




その恋愛やナンパを生ぶ過程で
人としてのあり方や
コミニケーションの本質、
女を落とす戦略方法、
人の動かし方など、



学校では学べないことも知ることができました。

その経験から、生まれた環境は変えられないが、
学んで、正しく勉強すれば
どんな男でもモテることができると確信しています。


そして「恋愛」や「ナンパ」を学ぶって
すこしおかしいかもしれません。



しかし学ばなければ生欲がいつか爆発し、
最悪性犯罪を犯しかねない現代だし、
将来幸せな結婚生活も厳しいと思います。


だからこうして「学ぶ」という姿勢を大事にする人が
一人でも増えれば一人一人に活気が溢れ、
世の中もっと幸せになると
本気で思っています。


そういった理念から、
僕がどのように恋愛やナンパに取り組み、
ゼロからここまでの経験人数も増やして
いったのか一つの書籍にまとめています。



僕が5年間で300人以上の女性を抱いた
たった二つの理由

です。
もし興味があれば読んでみてください。


魅力的な男になる一歩を踏み出す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です