何かに頑張ってたらモテる

僕は野球を10年以上もやっているので
毎年誰かしらの高校球児のファンになる。

 

そこで今年の2018年のファンは

 

根尾昂選手なんだがこの画像を見て欲しい。

 

思わず保存してしまった。

 

もし僕と根尾昂選手が同じような質問をされたら
次の通りになると思う。

 

「若い時は遊んだりもすると思うがあまり遊ばない?」


根尾くん「しない」

女子「キャー!!!💓」

ワイ「しない」
女子「陰キャきも」

「好きな番組は?」

根尾くん「無い」
女子「キャー!!!💓」

ワイ「無い」
女子「死ねばいいのに」

 

なぜなのか。。。笑

 

根尾昂選手は
「野球」というスポーツを頑張っている。
しかも全国的にも有名だから
野球ファンなら誰でも知っている。

 

でも僕は有名でもないし
相手にも「何を頑張っているのか」
も誰なのかすら知らない。

 

その違いはあるが、
同じ質問をされて同じ答えを出しても
天と地の差があることに気づいた。

 

僕は色々考えてみたのだが
あることを発見した。

 

人は頑張っていると
輝くんだと。モテるんだと。

男はなにかに取り組むとき結果を大事にする。

だが女は過程を大事にする。

だから男を納得させるには結果で示すが、

逆に女を納得なせるには頑張っているところを見せる

 

何か一つでもいいので
一生懸命取り組んでいると
とてつもない自信がつくし
本当に魅力的に見えてくる。

 

日本ぐらいであろうか。

「努力する」「頑張る」という言葉に

めんどくささを感じるのは。

 

また日本は世界に比べると一番
「わからないことでもとりあえずやってみる」
という行動がとても低いらしい。

 

日本の特徴は物事を取り組むとき、

結果も大事だがその過程をを大事にしない。

だから失敗はダメなものとされるから
挑戦しようという若者が増えないらしい。

 

本来失敗とは
成功るための材料である。

フラられるのも
ナンパで無視されるのも
何もかも成功の材料なのだ。

 

僕はこの何かに取り組む姿勢に着目したのだが、
今はそれほど何を頑張ってるとかはない。

でもモテる。

なぜなのか?

 

またそこから30分ほど考え出したのだが、

 

僕は今でさえ、
モテる男になるように、
もっと魅力的な男になるように、
無意識に頑張ってるからではないかと思った。

そう、
自分磨きを怠らず努力しているらしい。
(側から見て)

 

側から見れば

 

「すごい毎日ストックにですね」
「頑張ってますね〜」

 

と言われることが多くなったが
僕がここまで動かせてる原動力は

 

紛れもなく
過去の辛い経験だと思う。
女と全く話せなかった過去や
自分の顔にとてもコンプレックスだったからだ。

 

だからもし今あなたが
なにかしらで悩んでいたり
全く女性にモテない事に悩むのは、

 

将来モテるためのエネルギーを蓄えてると
思った方がいい。

 

辛い過去があればあるほど
あなたを劇的に変えるエネルギーが溜まってくるはず。

 

そして今でさえ
身長が165センチの
クレーターだらけの凸凹な肌は
多少コンプレックスだ。

 

それも僕が今ここまで動けてるエネルギーになっていると思う。

またこのエネルギーは無駄にしてはいけない。

 

ほんのすこしの心の変化で
このエネルギーを捨てるはめになるか、
人生を変えるエネルギーにするかで
全く違ってくる。

 

そして人のエネルギーは意外と無限。

 

毎日120%出し切ってる人と
持て余してる人とでは
どっちが魅力的か?

 

寝たらどうせ100%回復するわけだし、
毎日全力で生きていきましょう。

 

そんな心構えがあるだけで
魅了的な男へと一歩近づいてる気がしませんか?

 

 

 

 

しゃちの書籍を読んでみる



僕は18歳まで童貞でしたが、
19歳〜24歳の間の5年間で
300人以上の女性を抱ける事に成功しました。




僕の写真を見た方ならわかると思いますが、
肌は凸凹で汚く、顔面偏差値も中の下です。
身長も165㎝と高くないです。



それでもここまでモテるようになり、
自分に自信がつき、充実した人生を送っています。



なんか超怪しい話ですよね。笑
でも現実にもこんな人が普通にいます。



でも一つ確信して言えることがあります。




どんなにブサイクで、
コミ力がなくても、
すこしだけ恋愛の本質や
ネットナンパを学んだだけで一気に
人生が楽しく、そして鮮やかになりました。




その恋愛やナンパを生ぶ過程で
人としてのあり方や
コミニケーションの本質、
女を落とす戦略方法、
人の動かし方など、



学校では学べないことも知ることができました。

その経験から、生まれた環境は変えられないが、
学んで、正しく勉強すれば
どんな男でもモテることができると確信しています。


そして「恋愛」や「ナンパ」を学ぶって
すこしおかしいかもしれません。



しかし学ばなければ生欲がいつか爆発し、
最悪性犯罪を犯しかねない現代だし、
将来幸せな結婚生活も厳しいと思います。


だからこうして「学ぶ」という姿勢を大事にする人が
一人でも増えれば一人一人に活気が溢れ、
世の中もっと幸せになると
本気で思っています。


そういった理念から、
僕がどのように恋愛やナンパに取り組み、
ゼロからここまでの経験人数も増やして
いったのか一つの書籍にまとめています。



僕が5年間で300人以上の女性を抱いた
たった二つの理由

です。
もし興味があれば読んでみてください。


魅力的な男になる一歩を踏み出す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です