「外見」より「内面」が大事は真っ赤なウソ

 

どうも、しゃちです。

僕の師匠にナンパ師のプロがいます。

 

その方はプライベートから仕事までいろいろとお世話になっているのですが、お金もあるし、めちゃくちゃ男女にもモテる方です。

ほんと尊敬してる方で、モテるだけじゃなく、どんな人にも平等に心から接せれる方であり、本当に人柄も良く、男の僕から見ても憧れる存在の方です。

 

いつもファッションセンスは抜群で外見もパーフェクトです。

 

しかし以前、僕の師匠にあたいするHさんが僕の耳を疑うようなことを言ってました。

 

 

師匠  『俺ってファッションセンスあると思うか?笑』

 

  『はい!全裸以外であればいつもカッコいいです!って全裸見たことりませんがw

 

師匠  『実は俺ってこんなファッションが好きなわけではないんだ、人は心を磨かないといけないって言ったことがあるよな。』

 

  『はい』

 

師匠  『でもここが見落としがちなんだけど、人は内面だけじゃなくて外見も重要なんだよ。人はベンツに乗ったり、ロレックスしてる方がすごいと思うよな。でも俺は周りからすごいってあんまり思われたくはないんだ。でもね、もし俺がボロボロの洋服着てたら、どんなに良いこと言ったって、どんな正しいこと言ったって耳を傾けてもらえないと思うんだ。』

 

『外見の悪い人は誰も話を聞いてくれないんだよ』

 

  『たしかに』

 

師匠  『じゃーお前だったら普通のサラリーマンと世界のイチローが同じこと言ったらどっちの言う事聞く?』

 

  『イチローが間違っていることを言ってたとしてもイチローのことを聞くと思います』

 

 

この会話から僕は人は外見で判断するという教訓を得ることができました。

 

やっぱりどうしても外見よりは内面が大事であると僕は信じたいです。

でもこれが綺麗事抜きの現実であり、ストリートナンパをやった際も実感することができました。

 

一度ジャージ姿でナンパしたことがあるのですが、ほとんどの方に不信感を抱かれ、いつもなら足を止めてくれるはずが、 足も止めてくれる人もほとんどいなかったです。

 

やっぱり話を聞いてもらうには、それだけの準備がいるんだなーと感じました。

 

人になにかを伝えたい、もしくは自分を売り込むには、外面もおろそかにしては自分の魅力が10あったとしても3しか伝わらない場合もあります。

 

 

僕はこの経験から外見を良くするのは

 

話を聞いてくれる人のために自分の外見を良くするのは『愛』だと思っています。

 

もしボロボロの洋服を着た女性と綺麗なワンピースを着た女性に話をかけられたらどっちが嬉しいですか?

 

だから僕のファッションは自分のためでもありますが、相手に嬉しがられるようなファッションも意識してます。

 

ちょっと難しい話だったかもですが、外見って内面の一番外側みたいなもんです。

 

正直、外見が悪い人は内面もおろそかになっている証拠です。

 

内面が完璧な人で外見がおろそかな人は僕は見たことありません。

 

世間ではよく『内面から磨け』みたいな風潮がありますが、外見から磨いた方が僕はずっーーと得すると思います。

内面は見えませんが、外見は誰からも見られます。

見られるということはチャンスでもあります。

今日は外見の大切さについて話しましたが、じゃー内面は二の次ではありませんよ。笑

全てを大事にできる男になってください。人として、男として魅力がどんどん溢れていくと確信しています。

それでは今日はこんな感じで終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました^_^

しゃちの書籍を読んでみる



僕は18歳まで童貞でしたが、
19歳〜24歳の間の5年間で
300人以上の女性を抱ける事に成功しました。




僕の写真を見た方ならわかると思いますが、
肌は凸凹で汚く、顔面偏差値も中の下です。
身長も165㎝と高くないです。



それでもここまでモテるようになり、
自分に自信がつき、充実した人生を送っています。



なんか超怪しい話ですよね。笑
でも現実にもこんな人が普通にいます。



でも一つ確信して言えることがあります。




どんなにブサイクで、
コミ力がなくても、
すこしだけ恋愛の本質や
ネットナンパを学んだだけで一気に
人生が楽しく、そして鮮やかになりました。




その恋愛やナンパを生ぶ過程で
人としてのあり方や
コミニケーションの本質、
女を落とす戦略方法、
人の動かし方など、



学校では学べないことも知ることができました。

その経験から、生まれた環境は変えられないが、
学んで、正しく勉強すれば
どんな男でもモテることができると確信しています。


そして「恋愛」や「ナンパ」を学ぶって
すこしおかしいかもしれません。



しかし学ばなければ生欲がいつか爆発し、
最悪性犯罪を犯しかねない現代だし、
将来幸せな結婚生活も厳しいと思います。


だからこうして「学ぶ」という姿勢を大事にする人が
一人でも増えれば一人一人に活気が溢れ、
世の中もっと幸せになると
本気で思っています。


そういった理念から、
僕がどのように恋愛やナンパに取り組み、
ゼロからここまでの経験人数も増やして
いったのか一つの書籍にまとめています。



僕が5年間で300人以上の女性を抱いた
たった二つの理由

です。
もし興味があれば読んでみてください。


魅力的な男になる一歩を踏み出す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です